FC2ブログ

0314ご報告ページ

新規チラシご賛同者さま募集のお知らせ

5月のGWに東京・大阪で開催される同人誌即売会(2、3日のスーパーコミックシティ19、4日のコミティア、並びに9日のコミックシティ大阪79)で、「東京都青少年健全育成条例」の反対に関しての呼びかけをするため、チラシを配ることを計画しております。
3/14のJ.GARDENでは「3/15の集会に参加してほしい」というお願いの呼びかけだったのですが、そちらとは内容を異にするチラシであるため、改めて賛同人の募集を行います。
リストの混同などを避けるため、新規チラシの詳細、並びに募集につきましては、以下に別ブログを設置いたしました。
なお前回の賛同人の方にも、お手数で恐縮ですが下記の新ブログをご参照の上、改めてのご登録をお願いいたします。

新規チラシ用ブログ
(http://hijitsuzaigw.blog121.fc2.com/)

スポンサーサイト



追加ご賛同者さまにつきまして(4/12更新)

3.14チラシのご賛同者として、事後に以下の方からお申し出を頂戴しています。
過去記事に追加としてお名前を挙げさせていただいてきましたが、あらためて
ご報告いたします。

石丸博子様
田中アコ様
真先ゆみ様(3月17日追加)

吉田秋生様
あんべよう様
黒住明古様
有瀧聡美様
真木しょうこ様(4月11日追加)

高倉知子様
須賀邦彦様
瑞山いつき様(4月12日追加)

なお、当方では今回の東京都青少年健全育成条例改正案が6月の都議会において
継続審議となりましたことを受け、この問題に関する再アピールのチラシを作成し、
五月前半の同人誌即売イベントなどで配布することを検討中です。
前回のリスト作成時には間に合わなかったけれども賛同したい、と
お考えくださっていたクリエイターの方は、これからでもぜひ当ブログのメールフォーム宛てに
ご連絡ください。
追って、前回のご賛同者のみなさまに差し上げる予定の、次回新規チラシのご賛同に関するご案内を
同時に送らせていただきます。

継続審議、確定。この先の戦い方を考えなくちゃ

懸案の『非実在青少年』規制が盛り込まれた都条例改正案ですが、本日、都議会総務委員会で継続審査とされることが可決されました。つまり今回は改正案が通過せず、6月の委員会まで引き続き審議が行われることになったわけです。
さまざまな場から上げられたみなさんの力強いご意見が、ついに都議会を動かしたのだと思います。みなさんのお力を集めて配布した0314のチラシも、その原動力の一端を担ったかと思います。

ですが一昨日の記事にも書きましたとおり、条例改正案は廃案になったわけでは決してありません。6月の再決議に向けて、当然ながら、規制推進派も巻き返しを図って来ることでしょう。すでに出版倫理協議会などからも反対の声明が出され、また大手版元などの意見表明に加わられた作家さんもおいででしょうが、当方でも草の根の運動としてご賛同者の方々にご協力いただき、地道な意見の発信を継続していくことはできまいか、と考えています。

ただし時間的、精神的におのおのの作家さんの創作活動をそぎ続けるようなやみくもな活動は好ましくありません。そのためにユーザーを惹きつける魅力ある作品の刊行点数が減ってしまうようでは、規制が制定される以前に規制推進派の思うつぼにハマってしまうことになります。

今後の方策につきましてのご意見、ご提案を切にお待ちしています。


〈2010年3月25日追記〉
当ブログへの拍手、拍手コメント、メールでのご意見、ご提案などいろいろありがとうございます。
今後の動きにつきましては、現在、当方でも水面下で準備中です。

でも、まだ事態は予断を許しません

懸案の青少年健全育成条例改正案について。
これまで圧倒的に規制推進派の勢力が強く、条例はほぼ可決されるだろう、という状況であったのに対し、各地であがっている反対の声の大きさに、どうやら風向きが変わりつつ状況のようです。
が、現時点でも審議は続いておりますし、もともと多数派だった規制推進派の票が議会で過半数を占め、結局、改正案が丸々可決されてしまう可能性も充分に残されています。

下記の記事でのご報告は、あくまでチラシ配布が同人誌即売イベント会場でおおむね好意的に受け止められて終了したことと、チラシで参集を呼び掛けた緊急集会が盛会のうちに終了したことをご報告しているだけ。
状況は充分厳しいままですので、この点、どうぞ誤解のないようよろしくお願いいたします。
反対意見表明のためのそれぞれのアクションは、あと半日、ぎりぎりまで頑張ってください!

また、仮にこの条例が今回、明日の議会で可決されなかったとしても、「規制はされないことになる」わけでは決してなく、「審議継続」となるだけの模様です。
となればつまり、こちらも今後の長期戦に向けての構えを考えてゆかなくてはなりません。

下記の記事に関しまして、拍手コメントに「条例改正の問題そのものが成功に終わったように誤解されることのないよう、注意喚起があってもよいのでは?」といった内容の貴重なご意見を頂戴しました。確かにそうした誤解があってはいけませんので、3月14日のチラシ配布に関する告知ブログという当方の初期目的とは若干ズレますが、至急に記事をあげさせていただきます。(文責・深沢)

取り急ぎのご報告

 今回、大変限られた時間のなかで予想外に多数の作家さんからご賛同をいただき、おかげさまですばらしい告知チラシが完成いたしました。

 賛同人の皆様に文案を確認していただき、ぎりぎりまで募っていた賛同人リストを取りまとめた元データは、3月13日の21時半ごろ、画像デザインをご担当くださることになったイラストレーター・漫画家の小路龍流さんに送信いたしました。
 その後もお名前の洩れや表記ミスなどの訂正を加えながら、最終的な画像データが仕上がったのは、3月14日のJ-GARDEN当日朝5時過ぎ。そのままキンコースで6000枚がコピーされ、イベント会場に搬入。さっそく、各サークルスペースに一枚ずつ配ると同時に、下記のサークルスペースで配布していただきました。
 途中、当方のカウントミスでサークルスペースで配布分の不足が判明し、現地のビジネスセンターで1000枚の追加コピーを用意する、というアクシデントもありましたが、都合7000枚が配布されたことになります。
 こちらのミスで、お申し出くださった枚数以下の配布になってしまったサークルさんもあると思います。
 また、慣れないことにつきチラシをお渡しする際やご挨拶の際に、失礼があったことと思います。
 この場を借りて、謹んでお詫びとお礼を申し上げます。

〈配布にご協力くださったサークル〉
 順不同、敬称略。お名前のあとの番号は当日のスペースナンバーです。

染井吉乃 A-04a 「染井吉乃FREE」
坂井朱生 A-05a 「グラナダ」
柊平ハルモ A10a 「Fragment」
ねこ田米蔵 A-11ab 「米屋」
明治カナ子 A-12b 「トランクミイラ」
沖麻実也 A-14ab「S.S.散回族」
天王寺ミオ A16b 「眼鏡部」
六青みつみ A-19b「インカローズ」
和泉桂 A-23ab 「Sin Cos」
水壬楓子 A-24a「Third Place」
剛しいら A-25「ごじらん堂」
えすとえむ A26a VOSTOK
川原つばさ A-29ab「ローザリウム」
木原音瀬 A-31a「STANDARD」
冬乃郁也 A32b 「LargeMarge」
遠野春日 A-37a「KASUGA企画」
洸・義月粧子 B-08b「祭り囃子」 
桃さくら C-14a「桃色さくら組」
鹿住槙 C-14b ばらいろバンビ』
西門 C-17a 「MIDDLESIDE」
朔田 C-24a  「LIHIT」
水戸泉(小林来夏)D-13a「神田カルチェラタン」
秋山みち花 E-20a 「GPS」
一条たから K-21b 企画「@1冊」(配布のみ。リストにお名前はありません)
祐也 H-02b 「Blue House」
赤根晴 H-08b「エイジア」
佳嶋 L-06b 「ECHO」
緒田涼歌 O-22ab
松木加斎 Q-08b「メトロポリタン・ファーム」
とみなが貴和 R-08a「さんさしおん!」


 チラシに対する反応は、おおむね上々だったと思います。
 イベントでこのチラシが配布されることは、すでにネットなどの情報からご存知の方も多数おいでだった様子。「待ってましたよ!」と言っていただいたり、「有給を取って明日の集会に行こうか思案中です」とおっしゃっている方もいました。
「そうしたチラシは受け取れません」と断られたケースは、私が配布してまわっていたなかでは一か所だけでした。
 ただ枚数のミスが発覚したことと、サークルスペースへのチラシ配布は一般入場開始の十五分前までに終了しなければならない、という時間的制約の都合で、会場の真ん中あたりのスペースには、結局、配布がいき届きませんでした。
 この点だけは残念でしたし、もしもそのあたりのサークルさんでチラシを見てみたい、と待っていて下さった方がおられたとしたら、大変申し訳ありません。
(下の記事のとおり、ウェブ上に現物のチラシの画像がアップされていますのでよろしければご参照ください)

 そして、翌日の緊急集会は、おそらくもうみなさんご存じのとおりの大盛況でした。
 当方のチラシの呼び掛けに応じて足を運ばれた方がどれぐらいいらしたか、すべては把握できなかったのですが、かなりたくさんいらしたようです。
 まだ審議の結果が出ておりませんので「成功」と言ってしまうのは早計かもしれませんが、緊急集会の会場を熱意ある参加者で埋め尽くして都議会に対してアピールする、という点においては、チラシを作製した意義を果たせたのでは、と思います。

 賛同人としてお名前をお寄せくださったみなさま、お知り合いに呼びかけてリストをとりまとめてくださったみなさま、配布してくださったみなさま、チラシのデザイン作成に立候補してくださったみなさま……ほかにもたくさんの方々のご協力に、心より御礼申し上げます。
 みなさま、本当にありがとうございました。
                                              
                                            (文責・深沢梨絵)
次のページ